ママ活を経験しながら学ぶことができた

関係は今も続いているが男性にも賞味期限がありそう

そのようなこともあり、当時大学生だったことからバイトもやめることになり、順風満帆なキャンパスライフを送っていました。
ママのほうも彼女と付き合うことを反対するような人ではなく、定期的に会って話を聞き、食事をするだけで良いといった楽なタイプでしたので、とても付き合いやすい相手でした。
でも性的な欲求はあるようで、彼女との性生活を細かく聞かれるようなことは度々ありました。
それでも体を求めるようなことはありません。
相手は既婚者でお金持ちであることから、余計なことでトラブルに陥るのを嫌っていた性格もあったようです。
このような関係が続いていますが、僕は社会人になることがあれば、ひょっとするとママはもう僕に関心を持たないような気がしています。
この活動も期限があり、男性にも賞味期限がある関係のように感じるのです。
二人のママと付き合うようになり、経験したことによって今度はこのような焦燥感にも駆られるようになっているのが正直な感想になっています。

ママ活に興味を持ちマッチングアプリで出会う | 要求がエスカレートしたので別のママを探す | 関係は今も続いているが男性にも賞味期限がありそう